駄スケの第一歩


なんとなくイイ加減 ダンスな日々を綴るんだ
by ArrowDance
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
7keto
from 7keto
bahamas
from bahamas
HVCC Apprais..
from HVCC Appraisal..
映画アンフェアthean..
from 篠原涼子 映画アンフェアth..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
BALLAD 名もなき恋..
from 「BALLAD名もなき恋のう..
のび太としずかちゃんの混..
from これなんてリアルドラえもん!..
黒木メイサ!ついに全裸!..
from 黒木メイサ裸!ドラマジウ警視..
AKB48と同棲する!ボ..
from AKB48と同棲!ボイス部屋..
Yahoo!検索ランキン..
from Yahoo!検索ランキングの..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


名古屋だぎゃー

来年2月21,22,23,24、名古屋アートピアホールで行われる、ミュージカル!!
熱血悪漢歌舞芝居「大正三文オペラ」(総合劇集団・俳優館)!!
                              後援:名古屋市・愛知県教育委員会。
踊りのシーンの打ち合わせの為、名古屋に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

帰りに買って帰った、八丁味噌かつ弁当最高にうまかった。・・・・また食いモンかい!!
へたな食堂入るより、絶対駅弁がうまい!!
どの駅弁も手抜きなくしっかり作っていると思う!!
超おすすめですわ。
[PR]

by arrowdance | 2007-11-29 20:56

damedameヤジャーン

写真どうやって載せるんだべー!!
アホだわおりはー!!
[PR]

by arrowdance | 2007-11-28 22:23

読了本 6

竹内薫・茂木健一郎 「脳のからくり」 から抜粋

モノそのものなんて存在しない。宇宙のモノはすべて関係性のネットワークとしてからみあっている。その関係性から意識が生まれる。意識のないモノから意識が生まれるのではなく、関係性のネットワークそのものが意識なのだ。

緊密で集中化されたからみあいを人は”脳”とか”心”とか”魂”とか呼ぶ。宇宙には、鋭敏な意識から散漫で希薄な意識まで、さまざまな意識のレベルがある。

人間より知的で集中した意識から、人間、猿、猫、鳥、カブトムシ、アメーバー、草木、ウィルス、道ばたの石ころにいたるまで。

だから、人や動物が死ぬということは、消えてなくなるということではなく、単に意識の集中度が下がって、透明な宇宙の意識レベルに溶け込むことにすぎないのだ。
                                                      竹内薫

これって子供の頃読んでいて、大人になって読み直した(といっても20年程前)手塚治虫の「火の鳥」を読んだ時の感動と同じです。



なんとなく気になる一節
長嶋有 「泣かない女はいない」 から抜粋

自分がへこたれている瞬間に愛すべき人間がなんの悲しみもなく過ごしているというのは、すごく安心することなんだと思った。

子供のとき、明らかな相手の不正を責めていたら、その子が泣き出した途端に責めていた側が悪になっしまう瞬間の、あの理不尽。

日常によくある事ですが、簡潔な書き方で「はっ」とされます。
[PR]

by arrowdance | 2007-11-26 16:42

超越のくいもんロード&リハーサル

11月18日 晴れ

京都発10:12分 福岡着12:52分

井上先生(総合プロデューサー)のお出迎えを受け、その足でリハーサル先のスタジオ(ミノカミ先生のスタジオ)へ、待つ事2時間強でやっとアリスのリハーサル開始。
今回の公演はアリスの他にもバレエ小品「エチュード」とジャズ小品「ZONE」の三本立てとなっております故、待ちが必要になるというわけです。
まだ大阪からのゲスト組が全員揃わない状態なので、今日は部分的に稽古していく。

さぁリハーサル終了致しましたっ!!
さぁ驚愕と感動の福岡ディナー三昧の日々の始まり始まりー!!

18日 「はこざきぐう」横の屋台(スペシャル座敷屋台)
あの鳥、さがり(はらみ)、しろ、豚バラ、三角(鳥尻軟骨)、ホイル焼きサラダ(キャベツ、トマト、にんにく、チーズ)、豚骨塩ラーメン、おでん、焼き鳥、手羽先、烏賊焼きなどなどなどなど・・・・
                                       とってもおいしゅうございました。

19日 「水炊き専門店」鶏がらのこってりした白だしのなかへじゃんじゃんくるわくるわの大法悦!! 黒胡麻焼酎最高!!               とてもとってもおいしゅうございました。

その後「崇君」いきつけスナックへ(一見さんお断り)。そこであるごっつい紳士と遭遇!!
九州場所の為来ていた元「浜の島」(今親方)と談笑!!(サイトウ、たかす、両氏がおもに)

20日 モツ鍋専門店「山中」白味噌風味のダシ、心地よい噛みごごち、しつこくなく薄くなく絶妙なるバランスの妙味。牛頬肉(とろける)、生センマイ、ちゃんじゃ、鍋の中に餅・中華麺・最後に雑炊、そして〆に抹茶シャーベット・・・・
                              とてもとってもめっちゃおいしゅうございました。

21日 鴨鍋・うどん好き・牛鍋(テーブル毎に異なる鍋)もうどうしましょ。
私のメインは鴨鍋でございました。         
                        とてもとってもええとてもめっさおいしゅうございました。

やっ!やっばいかもメタぼってきそうきそう・・・でも芋虫役だから役作りの為仕方ないなーって!

そして今日は特別に桟敷席より前の席、舞台から5番目(角度によったらテレビにまる映り席)
さて何処でしょう・・・・・・
なんと大相撲九州場所へ招待して頂きましたっ!!
舞台に対する気構え、厳しさ、厳しさのなかに花を持つ難しさ大切さ、覚悟、真摯、気品、繊細さ、大胆さ、様々な事を学んだような気がします。            ありがとうございました。


22日 さ、佐賀牛ロースが「もう」となく、キンキがこちらを睨んでる、胡麻さばがサバビヤーンと鳴く、パタパタ手羽、こだわり衣のから揚げ他満載・・・そして「あかきりしま」が噴火する(焼酎)。
料亭「信」出演者高橋先生のご主人のお店!! すべてがこだわりのオリジナルメニュー!!
                                 そ・こ・ぬ・け・に・おいしゅうございました。

といっても昼は過酷なリハーサル(私個人はSOSO)!!
着実に本番は近づいております。
様々な思惑、事柄がからまりあっている現状の中、とうとう本番の日がやって参りました。

23日 最後の最後まで気の抜けないゲネ。
さて本番!!!



今回、それぞれに強力なパワーを持っている人達が、一つの世界に向けて力を合わせる事で、こんなにも凄いエネルギーが舞台上に充満して出てくるものなんだという事を、目の当たりに感じたような気がします。今まで舞台上で感動して涙腺が緩むなんて、まずなかったのですが・・・・・。

本当に良い時間を過ごす事が出来ました。
全ての事に感謝します!!

またいつか何処かで「アリス」の上演出来る事を信じて・・・・・
[PR]

by arrowdance | 2007-11-24 20:23

九州上陸

今日の朝から一週間九州上陸するぞー!!
博多を占拠するぞー!!
もらったぞー!!

無事にリハーサル乗り切れますように・・・
福岡公演「それからのアリス」の為

嘘を真実に見せるのが「芸の力」ぞ!!
がんばります。
[PR]

by arrowdance | 2007-11-18 00:13

秘密の事柄

一昨日から不定期だけど新たに始めた事柄があります。
今はまだ言えん!!

でもそのうち近い将来、どうどうと言える日が来る様になるでしょう。
その時には代々的に発表致します。

ちなみにファンクタップは始めて延べ2年になるかなー!!
でも一向に上達せず、一緒に始めたかなちゃん(今は中一)と、後から始めたみゆきちゃん(小5)には完全に抜かされてしまいました。

ちなみに彼女達は私のクラスも受けている最年少最強ダンサーです。
[PR]

by arrowdance | 2007-11-15 22:26

三週間振り

約三週間振りのアリスリハーサル!!
私にとって完全にオフ状態だったアリスのスイッチがオンに入りました。
るり嬢は体調を少し崩した後のリハーサルだけに、どれだけ集中してリハーサル出来るかなーと思っておりましたが・・・・心配御無用!!リハーサルになるとしっかりスイッチが入り、集中した良いリハーサルとなりました。

その後久しぶりに、サイトウさんとルリ嬢三人で焼き鳥屋へ・・・・。
気がつくと終電に近い時間まで語っておりました。
病み上がりで焼酎アンだけ飲んで大丈夫だったのだろうか、ルリ嬢。
流石博多の女!!!
[PR]

by arrowdance | 2007-11-11 21:47

読了

ハードな小説の後はいつも為になるエッセイ本を取ってしまうわたし。
今回は内田樹氏の「私の身体は頭がいい」です。
少しでも脳タリンな私の脳に、刺激と栄養をと思いまして・・・・。

心に留めておきたい文章抜粋

1:内田さんが田口ランディさんの本から共感を得た事
ヴァーチャルな社会人格を統合する中心にある「本当の私」は「ボケナス」であるのがよい、という議論。

2:野口晴哉さんの思想から共感を得た事
病もまた一種の癒しである。

3:たんとう功とは
「ただ立つ」、それだけである。じっと立って、身体の「内側」をみつめる。じっと立っているうちに、身体が自律的な運動を始める。それを見つめ、感知する。ただそれだけである。
 
微笑むように口元を緩めて、自然に呼吸する。目付きは遥か太平洋の水平線を望み、耳は遠くの鳥の音や葉音のそよぎを聴く。

4:空を飛ぶ鳥が「空気抵抗」がなければ飛べないように、水中を泳ぐ魚が「水の抵抗」がなければ前に進めないように、私たちの身体運用を妨げる「負の条件づけ」があり、私達を混迷のうちに導く「謎」の挑発があるがゆえに、修行というものが成り立つのである。

5:蜂を追い払う動きより、蠅を追い払う動きの方が早く、短く、しなやかで厳しい動きである。と いうくだり。心と身体の準備に関わる事からの話。

6:コードとランダムのパラドックス

7:レヴィ=ストロース先生の言葉
人間は自分の望むものを他人に与えることによってしか手に入れることができない。だから、楽になりたかったら、自分の荷物を放り出して、他人の荷物も担えばいいのである。

8:「驚く人」というのは、私たちは「この現実とは違う現実」を生きる可能性もあったのだということを想像することができる人である。

9:端的にいえば、生きているとは、「響きを発し、響きを聴く」、ただそれだけの動作に集約され る。その為には「割れ」なければならない。限りなく細かく割って割って微細な粒子になるま   で、身体を割らなければならない。
「割る」というのは、同時に微細な震動を発することである。
「割れ」が細かければ細かいほど、発せられる震動音は深みを増し、厚みを加え、肌理が立っ てくる。 
[PR]

by arrowdance | 2007-11-07 22:52

書き忘れておりましたが、先日井原氏と飲みに行った時、彼はおもむろに木で出来た筒状の物体を取り出し、その中からオスメスで分かれた木の棒の太い部分と、細い部分を差込みねじ込むように繋げて一本の長い棒を2本作りだしました。
なんと箸を!マイハシ!を用意しておりましたがなこれが。
[PR]

by arrowdance | 2007-11-06 23:27

加藤健一事務所

何十年か振りにカトケン事務所の公演「コミック・ポテンシャル」を観に行く。
(場所)京都府立アルティーホール
というのも出演している「井原農」氏とは昨年の東京でのパフォーマンス(朗読と芝居とダンスとピアノ)で共演しており、一年振りの再会を果たそうと足を向けたのであります。

これが中々・・・単純明快な作品であり、しかもその中に社会批評や人間性のあり方など要所要所にエッセンスとして盛り込まれておりまして・・・良く出来たエンターテェイメントでした。

人間とロボットとの共存している近未来が状況設定としてあるのですが、それが見事に舞台の上に現出し、存在しておりました。ロボット役の役者さん達はかなり練習を積んだものであると想像出来ましたし、他の役者さん達もそれぞれにいい味出しておりました。井原氏も中々高感度高かったし・・・・。

今回これからまだ全国20ヵ所以上30数回の本番があるそうです。
皆さん身体にはくれぐれもお気をつけて・・・部屋飲みお控え下さいませ。

その後井原氏と共に二人で飲みに行く。
[PR]

by arrowdance | 2007-11-05 17:27