駄スケの第一歩


なんとなくイイ加減 ダンスな日々を綴るんだ
by ArrowDance
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
7keto
from 7keto
bahamas
from bahamas
HVCC Apprais..
from HVCC Appraisal..
映画アンフェアthean..
from 篠原涼子 映画アンフェアth..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
BALLAD 名もなき恋..
from 「BALLAD名もなき恋のう..
のび太としずかちゃんの混..
from これなんてリアルドラえもん!..
黒木メイサ!ついに全裸!..
from 黒木メイサ裸!ドラマジウ警視..
AKB48と同棲する!ボ..
from AKB48と同棲!ボイス部屋..
Yahoo!検索ランキン..
from Yahoo!検索ランキングの..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


ひさびさ海外公演  ・  第28回サンパウロビエンナーレへいざ!!

この水曜にブラジルへと向かいます。
24時間近くかかるそうです。    トホホ
ソウル経由で参ります。(機内食のビビンバが楽しみです)

そうです、03年から06年にかけて3年間、
あーでもない・こうーでもない・・・・・・・しょーもない・・・そうでもない・・・・・・・・・いいじゃない!
と試行錯誤を繰り返しながらパリで滞在して創った「Weightless Days」の旅立ちパート3です。
06年のパリ初演、07年名村アートミーティング(大阪)公演、に続いての1年振りの公演です。
それも世界4大ビエンナーレと称されるサンパウロビエンナーレへの招待は我ながら凄いじゃない!みたいな。

メンバーは(ダンサー:松本芽紅見、ヤザキタケシ、映像:アンジェラ・デタニコ、ラファエル・ライン、音:デニス・マクノリティ)です。
当然いつものように現地集合!!
1時間出ずっぱり精神的にも肉体的にもかなり楽しい作品です。

国際的にもかなり犯罪率の高い大都市サンパウロ・・・
はてさてどうなることやら・・・ウヒヒヒヒー

という事で今回もまたツアー日誌は、日を改めましてホームページの方で掲載する事となるでしょう。
[PR]

by arrowdance | 2008-10-27 17:46

ひさびさ読了本24

「退廃姉妹」
なんやタイトルだけみたら日活ロマンポルノ文芸路線シリーズみたいなー!
ちゃいまっせー!なんや伊藤整文学賞なるものを受賞した「島田雅彦」氏の文芸作品でっせ。

戦後をしたたかに生きる姉妹の壮大なる物語。
島田氏の前作「無限カノン」3部作も壮大なる恋愛小説でしたが、これもたった一冊ではありますが負けず劣らずの大型ロマンでおま。

彼島田氏が自分の事を青二才と言ってた頃からすると、滅茶苦茶熟練されてきている文章と描写に脱ずら。
あなたは吉行淳之介か・渡辺淳一か・みたいな愛欲描写のなんと素敵な事。
いえいえエロ小説ではありませんよ、物語を掘り下げる為にもなくてはならない描写なのです。

読んでいて、この先どうなるか分からない、でも進むしかない、不安もあるが未来を信じて進むのだー!みたいな血気盛んな私の20代の頃を思いだしましたよー。

ちなみに、義理と人情と男気とお笑い漫画「ワンピース」32巻まで読了。
(Do oneのよしたく氏に借りてます)
まだまだ先はあるみたいね・・・・。

ウヘヘヘ
[PR]

by arrowdance | 2008-10-24 23:13

2日続きで睡眠不足

羽衣の国際ユースホステルでの一夜!とても楽しゅうございました。
この夏に一緒にパフォーマンス創って踊った(清水氏&中田氏)との3人で、修学旅行の様な一夜を堪能。大浴場では貸し切り状態だったので仏壇崩し(背中を伸ばした状態で後ろ向きに倒れる行為)やり放題でした。(「おっさんたち童心に帰る」の巻)

実はこれ、私以外は皆ワークショップ合宿をやっておりましたとさ・・・・。
朝10時チェックアウト、名古屋までの時間が少し空いてるので、ゴーカートにのり「またまた童心に帰る」の巻2。

私は一人その足で名古屋へ乗り込む。
狭いけれどアットホームな心地よい雰囲気のスタジオ。
「コジーダンススタジオ」。
主催の奥田氏は多才な才能の持ち主で、司会、お芝居、歌、ダンス、振付と精力的に頑張っておりました。(コミカルインプロ度に関してはお見事)
そして若者たちにも場を提供し、彼らのやりたい事を思う存分引き出しておりました。
たくさんの人に生で見られる場を提供してあげるという試みは大賛成です。
日本では発表会ぐらいしかないものね・・・・。

そして私は結局紹介され忘れ、シークレットがシークレットのまま終わりましたとさ。
トホホホ
[PR]

by arrowdance | 2008-10-20 13:36

息抜きのような感じ?でも・・・・

明日の晩
羽衣というところでのキャンプに参加。

そして次の日、名古屋の友人スタジオにてスタジオパフォーマンス(シークレットゲストだ)
どうなる事やら・・・・。

関係ないけど、日曜日にチャリ盗まれたー!!トホホホ
[PR]

by arrowdance | 2008-10-17 23:59

そして次の日

休む暇なく昼から、バレエダンサーに振付。

そしてその足で、20年近く親交ある2人の今年で50歳になる事を記念した公演を阿倍野ロクソドンタブラックへ見に行く。(ハイジ・ダーニング&サイトウマコト)

軽い気持ちで見に行ったのですが・・・・やられました。
音響、照明、舞台空間、すべてにおいて演出された大人の作品となっておりました。
ほんと「サイトウさんハイジいつのまにっ」ていう感じ。

前日に見た若者達のエネルギッシュな高度なテクニックのダンスも凄かったけど、小さい空間でま直に見る大人の空気感・存在感も素晴らしい。

静寂、慟哭、無邪気、余裕、懸命、包容、愛情、様々な要素が垣間見えーのしっとり感がある舞台。
ええ大人やなー。わしもこんな大人になれるかなー、なりたいなー。
って思いましたよーん。
でもまだ先の事だし・・・・というても言うてるまやし。トホホホホ
[PR]

by arrowdance | 2008-10-14 21:45

本番終了

んー年々どこのスタジオもそうであるが、ストリートダンスの舞台成立度がすんごい事になって来ているっちゃー。(一昔は外人の動きをまねてるだけのように見えてましたし、舞台では違和感満載だったのでクラブとかストリートでどうぞ!という感じでしたが、今は動きそのものを自分のものにしているし、オリジナリティーまで見えてきている。凄い!!)

生徒達のレベルも確実に数年前とは違ってアップしてるし層もあつくなってる。
教えてる先生達もいろんなものを見て勉強(空間構成・照明など)しているなっていう事が感じられるし事実興味深い。

いつもそれら今風若者の流行ダンスと並べられるわたひ!!
ある意味いつもとてもプレッシャーを感じている・・・・・んがーーーーいつもノリノリで出演してくれる生徒達にとても助けられている。

今回もまさにそーでした。
彼らからいっぱいエネルギーをもらって、頑張って投げ返す。
まさに本気のキャッチボール。
楽しかったー。皆ありがとー!!!!
急な本番での展開にも喜んでついて来てくれてありがとう!!
(袖でわしが舞台を見ながら影マイクで生実況中継するっちゅう試み)
踊りを殺さず、逆に強調出来たようで良かった、結果オーライでしたね。
(今までにないドキドキバクバク・緊張したがねほんま)

そして今回また新たに吉田先生の人柄とセンスに脱帽。
シアタージャズに表現系ジャズどちらも素晴らしく良かった。

それと私にとっては何十年振りかのシアタージャズ(ボブ・フォッシー)の吉田先生振付(インストラクター紹介ダンス)の参加。
20年前には普通にスタンダードジャズで踊ってたのに、今回カウントとるのに苦労したなー。

あまり踊ってもないのに随分と疲労困憊した楽しい一日でした。        ホヘヘヘヘー!!
[PR]

by arrowdance | 2008-10-14 00:25

もうすぐ本番

スタジオDo One 発表会がこの日曜日に八幡市文化センターーーーである。

今回のは「エピソード?の惑星」でちょっと奇妙な世界へ行ってます。
皆満身創痍になりながらもメーいっぱい頑張ってくれちょります。
魂込めて命の限り、懸命にがんばりましょーね。
わたしゃしっかりと見守っておりますきにね。


e0097449_2215814.jpg

昨年のDo One 発表会
[PR]

by arrowdance | 2008-10-09 22:17

ああ刺激的日常

先週の土曜日   スタジオDo ONEのお計らいで、噂の「レッキングクルーオーケストラ」の公演を見に行きました。
ストリートダンスの舞台公演を見るのは初めてで、場違いだったらどうしょうーと思って恐る恐る行ったのですが・・・・・全然大丈夫でしたよん。
客席後方でオペレーターしている知り合いのスタッフとしゃべったところ、ダンサー以外に脚本家がついていてぬかりなく演出をしているという事でしたので、全体の構成にも目が行き届いており、大人が見ても知らない人が見ても楽しめる素晴らしいエンターテェイメントショーとして成り立っておりました。
YOKOI氏・HANAI氏・TAKE氏・私の知ってる面々も流石に素晴らしいプロのパフォーマンスをしておりました。   いやはやすんげーやつらでした。


ダンスコンプレックス(in 大阪創造館)
20組のダンスパフォーマンスで繰り広げられるダンスコンテスト。
ジャズ・モダン・コンテ・バレエ・ストリート・マイム・バトン・ベリーダンス・ノンジャンル(私がジャンル)と多種多様なダンスを審査して一番を決めよやないかーみたいな未だかって見た事ないコンテストでした。(私はちなみに「タケシとなおき」の一員として審査とゲストショータイムに出演)

半端ない出演者達のパワーに圧倒されそうになりながらも丸一日良いエネルギーを浴びたような気がします。レベルは思った以上に高くて、審査は大変難しかった。

びっくり度・ドキドキ度・ワクワク度・キューン度・グサッ度・ポカーン度・他構成力・表現力・着眼点など評価の基準はありますが・・・・南光でした、いや難攻致しました。

とにかく私にとって大いに刺激的で勉強になる一日でした。
ダンスってやっぱりいいなーすごいなー生きてるなーみたいな!!

時に「タケシとなおき」のデビューは大評判という噂が・・・。
ゲテモノ好きが多い大阪ならではの嬉しい声でした。
多分これから「タケシとなおき」本格始動するかもかも・・・・:よ。
[PR]

by arrowdance | 2008-10-06 19:23