駄スケの第一歩


なんとなくイイ加減 ダンスな日々を綴るんだ
by ArrowDance
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
7keto
from 7keto
bahamas
from bahamas
HVCC Apprais..
from HVCC Appraisal..
映画アンフェアthean..
from 篠原涼子 映画アンフェアth..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
BALLAD 名もなき恋..
from 「BALLAD名もなき恋のう..
のび太としずかちゃんの混..
from これなんてリアルドラえもん!..
黒木メイサ!ついに全裸!..
from 黒木メイサ裸!ドラマジウ警視..
AKB48と同棲する!ボ..
from AKB48と同棲!ボイス部屋..
Yahoo!検索ランキン..
from Yahoo!検索ランキングの..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


読了本27

「おーい!竜馬」(1~23巻)小山ゆう
武田鉄也氏が原作という事で避けていたものでしたが、縁あって借りて一気読み。
高校3年から大学一年にかけて司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んで以来の竜馬本。
わたいも高知出身だけあって、影響受けまくっておりましたところの若き頃の自分を思い出す。

海外留学する前に竜馬の眠る霊山墓地に何度参ったことか!
熱かったぜよまっこと!!


「脳のなかの文学」茂木健一郎
世間では胡散臭いという印象もあるようですが、私は結構認めているお方です。
理系だけの人かと思いきや中々文学好きでいらっしゃる。
深いところまで読み込む能力に感服致しました。

彼の言葉ではありませんが、彼の抜粋したところで特に私の心に響いたところを抜粋!

「広い世界を志向し得るという事と、息ずく自分の魂に逃げ場がないということは、表裏一体の関係にある。
限りない世界の中で仮想酔いし得るということと、どこにも逃げようのない存在として今ここにいるというダブルバインド性こそが、古来変わることのない人間の存在条件である。」

「毎日同じことを繰り返しているように見えても、人間はいつか変わっていく。瞠目すべき突発的事件によって、新展開がもたらせるのではない。何も起こらないかのように見える日常の繰り返しの中でいつの間にか取り返しのつかない形で変化してしまうからこそ、人生は興味深いし、また恐ろしい」

「もともと、笑いと恐怖は表裏の関係にある」

「普遍と個別の間の相克に悩む者が陥る病理、別の言い方をすれば「適応」として現れるのが、ユーモアのセンスである。」

「ユーモアとは、個別と普遍の間の裂け目から吹き出す一種の狂気に他ならない。死すべき「個別」たる人間が、宇宙の「無限」やイデア世界の「普遍」とまともに向き合っていては、命がもたない。ユーモアの一つや二つでも処方しないと、やってられない」

「人間であるとうことは、実に奇怪な事態である。私たちは、一人一人が得体の知れない巨大な現象の塊だ。」

「進学、就職、転職。未知なるものとの「衝突」をもたらす人生のイベントは多々あるが、誰でも知っているように、多くの場合、恋愛こそが人生において最大の衝撃をもたらす他者との衝突である。」

「首尾一貫した物語を求めるのは、私たち人間の内なる切実さの勝手な都合であって、世界はむしろバラバラの断片から出来ている。」

などなど他にも沢山ござりまするが、このへんで・・・・
[PR]

by arrowdance | 2009-02-26 00:05

ちょと応えたあるよ

先日土曜昼からいさバレエ(兵庫)の子供たちに月に一度のコンテクラス。
なかなか気難しいお年頃、めっちゃ素直な子もいれば、恥ずかしくて無表情な子、とにかく笑顔な子、むつっと怒ってる様な子、このクラスは必須ではなく自分で受けたくて来ているのに、この違い・・・・本当に子供って疲れるけど面白い。

そしてサイトウダンス工房(大阪)へ、
ここはここで個性豊かな面々とアットホームな感じでの楽しいクラス。やっててもほっこり。

そしてコジーダンススタジオ(名古屋)へ、
22:00~23:00 主催の奥田氏と即席デュオを制作。
私のソロ作品「クルクルクル・・・・・・」を二人用にアレンジ。
彼もダンス歴20年以上のつわもの、私が1言うたら5帰ってくるし、5言うたらもういったっきりで帰って来ないしで、気づいたら1時間ぐらでほぼ完成、後はライブになってどこまで行けるかである。

そして二人でカプセルホテルへ、
まず温泉に浸かってから外へ、
いつもの朝7時までやっている中華店へ、(結構うまくて深夜にも関わらず、いつもいっぱいの店内)結局ビンビール大4本を軽ーくグビリ。

んで結局良く寝る事が出来ず、身体おもおも。

やっぱカプセルは本番後でっせ!前にも言いましたが・・・・。
うっかり忘れておりやした。

翌日本番
15時からゲネ。
とりあえず、身体はおもおもですが、本番にリラックスして出来る様にする為、少し頑張ってなるべく抜かないでゲネを踊る。 勿論ダメダメのゲネ。

でもでーも本番では余計な力が入らずOK!
(伴宙太の大リーグボール3号打倒法ですなこれは)

80人近くの客が席に座ってみる事が出来るスタジオの広さとクオリティーは凄いよ、いい城を築いたよね。奥田氏と北尾氏のこれまでの血と涙の結晶に敬意を称します。

これからはここを拠点に若者を育て面白い事をどんどん仕掛けていくようですよ。
期待しております。
名古屋在住の方は是非顔を出してみて下さい。
COZY DANCE STUDIO 中区新栄2丁目2-5小島屋ビル2階 052-251-2822
[PR]

by arrowdance | 2009-02-16 17:57

うわさでは・・・・

またまたシークレットという事になっているらしい。

名古屋での「コジーダンススタジオ」オープニングパフォーマンスが。

もう誰もおりの事なんか知らんやろから、名前出しといてーって。
シークレットで出ても、知らんかったら「ふーん」てなもんでしょ。
サプライズでも何でもなかよ。

っつー事で、名古屋に再びお邪魔します。
主催の奥田氏と一緒にクルクルしてきまーす。

ほんまに!場のにぎやかしには持って来いのパフォーマーでっせわしゃ。
一声かけておくれやしー!
どこにでも営業まわりまっせー!

って半分以上本気のわたし。  

ウホホホ
[PR]

by arrowdance | 2009-02-13 23:52

久し振りのシネマったり、読了ったり

ふとしたきっかけで、私が幼少の頃、死の恐怖を抱いていて毎日寝るのが大変怖かったという話をしていたら、以下の本をMちゃんが貸してくれました。
(読了本26)

「孤独について」(生きるのが困難な人々へ)中島義道

この中島さんという筆者は特別ですね、私はここまでいっちゃってませんね。
東大卒の運動音痴の賢い子、私は勉強音痴のすばしっこい子。

同じ様に子供の頃に、死の恐怖に怯えてる人が他にもいるんですね。
もしかしたらいっぱいいるのかな?

ちなみに今は全く逆の事を考えておりますが・・・。



とうとうあの
「おくりびと」を観る。

流石にロングランしているだけあって見ごたえあったなー。
思うがまま気を許していたら嗚咽しそうになり、それを我慢するのがやっとでした。
でも涙と鼻水でヌレヌレのロレロレ。
こんなに泣いたの久し振りっ!

身体の奥底に沈んでいた遠い記憶を揺り動かすようなチェロの響き。
決して他人事ではすまされないテーマ。

日常的に普通に起こり得る身内の死をテーマに愛と生を見事に描いていたと思う。

最初もっくんの凛とした顔と佇まいに、こんな奴は普通におらんで・・と違和感を感じておりましたが、最後にはこの人に私の納棺をお願いしたいと思えるほどに共感致しました。
凛とした佇まいの中に、人としての優しさを垣間見せる、存在感ある良い役者だなあと思う。

山崎努さんは、もう尊敬の一言です。
哲学者の様な気品と佇まいに胸キュン!

映画としての常套手段は駆使して創ってますので、一般的には受けると思いますよー。



「PARIS」

昨今これみよがしに増えている、主人公が不治の病の為死んで行くまでを描いた作品。
これも単純に言えばその部類…ですが。

ちゃうんよね!
観客をいたずらに泣かそうっていう意図も感じられず、パリに生きる様々な人間模様を興味深く淡々と描いておりました。

パリで生活してるからってセレブとは限らない、皆間違いなくそれぞれに悩みを持ち、懸命に生きている。
その姿がいとおしく見えてくる印象に残る映画。

1日経っても、あの大学教授の恋とダンス、
市場のおっさん達のヤンチャ、
スノッブなベーカリーのおばはん、
弟おもいのジュリエット・ビノシュ(私のコンテの師スーザンの友人)のダンス、
他色んなシーンがよみがえってくる。
こうみると、やっばり良い映画なんだなと思う。

ん~冬はまたパリで、何もしない時間をカフェで過ごしたいな~。
夏は断然プロバンス(南フランス)です。


「チェ・ゲバラ 39歳 別れの手紙」

28歳のキューバ革命の英雄とは程遠い、ボリビアでの無残な死。
ゲバラの死に様をこの映画によって知りました。
なんという不条理な世界。
でもそれが現実だった事実。
んー私個人としては色んな思いで人生について考えさせられました。
[PR]

by arrowdance | 2009-02-11 22:53

「ウホホ」と「トホホ」が

交互にきてますねー。

まだ「ウホホ」が勝るには時間がかかりそうですが、確実に来てますね。

ちなみに今は「トホホ」ですが・・・・。
[PR]

by arrowdance | 2009-02-05 20:10