駄スケの第一歩


なんとなくイイ加減 ダンスな日々を綴るんだ
by ArrowDance
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
7keto
from 7keto
bahamas
from bahamas
HVCC Apprais..
from HVCC Appraisal..
映画アンフェアthean..
from 篠原涼子 映画アンフェアth..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
BALLAD 名もなき恋..
from 「BALLAD名もなき恋のう..
のび太としずかちゃんの混..
from これなんてリアルドラえもん!..
黒木メイサ!ついに全裸!..
from 黒木メイサ裸!ドラマジウ警視..
AKB48と同棲する!ボ..
from AKB48と同棲!ボイス部屋..
Yahoo!検索ランキン..
from Yahoo!検索ランキングの..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


今どきの・・・まんざらでもねえ・・・あついぜ!

まだまだ突っ込みどころ満載だけど、彼ら近大の学生達の意気込み、やる気、エネルギーたるや!
こっちも本気にならざる負えないっすよね。
授業の最初だけかと思いきや、なんのなんのまだまだ。

先日も新入生歓迎公演を自分達で企画してやっておりましたが、事前に駄目だしして欲しいと。
碓井教授とアシスタントの一平氏と3人で駄目だし。

初日を終えたら終えたで、皆一斉に「駄目だし下さい!」と駆け寄ってくるし。

凄いよ!!

残念なのは、彼らの熱い気持ちを受け入れる事は出来ても、それを次に導いてあげる事が出来ない状況が悲しいのよ。



毎週土曜、最終までスタジオダンスポイントで7月7日の公演の為のリハーサルやっておりますが、ここはここであついのよ。
皆結構経験も豊富で動けるので、いわゆるダンス指導でなく演出が出来るので楽しいっすよ。
それぞれが自分自身でここは何が必要で何が面白いかを考える事が出来る人達なのっす。
でもっ最終一つ前の電車に乗り込む時はぐったりの・・・わ・た・し!



もう一つあついのは
いさバレエの子供達(小6~中2)への振付作品
最初どうしょうかと思案にくれてましたが、彼女ら、乗ってきたらノリノリ!
大人しく静かだった雰囲気がどんどん明るく快活になって参りました。
そしたらそれぞれの個性も見えてきて・・・。
どうなる事やら楽しみです。
[PR]

by arrowdance | 2009-05-31 13:29

唄の力って!音の力って!

京都の学生たちがNHKと組んで開催した「若気のいたり」っていうロックイベントのドキュメンタリーを再放送とも2度も見てしまったピョーン。
出演、envy、怒髪天、えんけん(えんどうけんじ)、他

中でも還暦を越えてなお、一人でバンドすることをモットーに唄う(生きる)えんけんさん!!
鳥肌立ちましたとー。

ギターにしてもヴォーカルにしても相当すんごいテクニックを持ちながらも、魂の叫びとして私の許へ届いておりました。

ああ!新たな目標が・・・・ああいう風に生きて行けたらなー!
ってしみじみと想うのであった。チロリロリン


最近買った桑田佳祐の「昭和八十三年度!ひとり紅白歌合戦」!
これはもう私ら世代のおかっぴきは歌って踊ってチロリロリンっすわ!
めっさ楽しいよー!
[PR]

by arrowdance | 2009-05-27 22:43

ハーモニカとホームレスと哀愁と


マイチャリでいつもの公園横を颯爽と通り抜けようとすると、何処からともなく天使のような綺麗で懐かしく心地よい何の曲かは分からないが、ハーモニカの音色が聞こえてきた。

はて、音の主であろう天使は何処だろうと眼で追うと、そこにはベンチの上で背中を丸め一心不乱にハーモニカを吹く薄汚れたホームレスのおじさんがいた。

少し離れたベンチには、その音の感触を身体全身で感じようとしているのか、背を丸め静かに集中している白髪のおばあちゃんがいた。

チャリをこぎながらも世界は一瞬静止した。

映画以上の、この哀愁漂う光景に感動!!
[PR]

by arrowdance | 2009-05-19 23:11

新ダンスボックスへ

行った。

んー京都の家から2時間半はみとかんとトイレも行けんなー!
でも初日だけでせう、三宮で途方に暮れかけたのは・・・。
(何としてでも阪急でピタパで行きたかったもんでね、へへ)

まっ小旅行のつもりで出かければ、楽しい電車の旅路!お弁当持ってもっと遠くまで行きたくなるでせう。

ってか舞台はとてもグッ!
見やすいし(フロアの動きも十分見れるし、天井高いし)多分踊る方も使いやすそうだし・・・。
音も照明もすんごい効果を期待出来そうだし。
一度足を運んでみては・・・。

んーコンテの感想はほんま書きずらい、良いも悪いも辛辣になってしまうでよー。
今日はやめとこ・はめとこ・やっとこ・ここ・ここ!
[PR]

by arrowdance | 2009-05-17 22:33

「アスゲキ」チラシ撮影 & チェイサー

今日は朝からある大学にて「アスゲキ」に使うチラシの為の撮影を行う。

今時の芸術系の大学は設備が完璧に整っておりますねー。
プロの仕事が出来る状況にあるっちゅうのはほんま恵まれておりますなー。

後は学生たちがそれに気づいてちゃんと勉強するかどうか、個人個人の資質によるんでしょうーなー。

私は3回生からほとんど学校には行っておらんかったから偉そうには何も言えん!

でも今の学生は意外と色々しっかりと物事を見ようとしているような気もするので恐らく大丈夫だらう。




仕事の合間にシネマ

京都シネマにて「チェイサー」を観た。
猟奇的殺人犯を元刑事で今は風俗経営者が追うというシチュエーションのドラマである。

思わず顔を背けてしまう残忍なシーンが多々ある。
(この映画ディカプリオがハリウッドでリメイクするようである)

結局この殺人犯は何故そうせざるおえなかったのか?
そこのところの動機、答えは出さないのであるが。

全体を通して見終わった後、何故かソウルの街(暗い路地やビル街)を映したシーンが脳裏の奥にこびりついていた。
ソウルの街自体が病んでいる、現代の病んだソウル(他の都市然り)の街を具現化した存在がその殺人犯であるような気がした。

我々の手ではどうする事も出来ない虚しさだけが残る、後味の悪い苦みだけが残るのであるが、何故か心の奥の襞に引っ掛かってしまう、気になる作品であつた。


その点タッチもイメージも違うが、コーエン兄弟の映画「ノーカントリー」にも通じるものがあると思った。
[PR]

by arrowdance | 2009-05-13 22:22

ひとり芝居

今回再演の第一弾として、中田達幸氏のひとり芝居「斬念(人斬り以蔵の凄瞬)」を観た。

6年前に観た時より数段、男っぷりも人間っぷりも上がってたなー。
見事であった。
約1時間をたった一人で背負い、どうどうと演じ切るって凄いよなー。
そして照明の森田氏、音響の黒田氏と共に、息のぴったりあった濃厚で繊細で芳醇な別次元を創りだしておったぞ。

そう言う意味合いでも完全に一人じゃないのかなーって。
お客さんの息遣いとか反応とかも、ある意味共演者の一人なのかなーって。

舞台終了後、劇団パノラマアワー関係者達が皆手分けして片づけているのを見ると・・・・皆で作り上げているんだなーってつくづく思い感動致しました。
演劇人って熱い輩やなー。
と改めてリスペクトするヤジャーンであった。


第二弾・次は6月剣崎あさむ氏の「風知り草」である。(あるマラソンランナーの物語です)
約1時間走りながらのひとり芝居です。
凄いよこれも。
是非!!



<余談>
先日先斗町で一緒に飲んだ高山都氏!
この前たまたま見た再演ドラマ「ルーキーズ」で購買部のお姉さんの役やってましたわー!
知らなんだわー。
[PR]

by arrowdance | 2009-05-12 22:08

「ダンスの時間」本番終了

もぬけの殻とは、こういうこと?

昼の部終了後も、衣装絞ったらボトボトボトーーーと流れ出る滝の汗。
夜の部終了後も、衣装のままお風呂入ったんですか?ちゅうーぐらい出るは出る雨霰。

という事で、生ける屍と化した私でした。

やはり出ずっぱりの作品(今回は40分)というのは、何回も通してリハーサルをがちでやり、その時その瞬間のエネルギー配分を身体で感じ取りコントロールしなきゃ大変だ。

すべてのシーンを全力あげてやっても駄目だし、出し惜しみしても駄目だし・・・・自分の中にしっかりとスイッチとメーターを完備してなきゃ、全体を通して良いものにはならないにゃーーと改めて感じました。

とりあえず今回の本番でビビッと感じる事は出来たので、もし次があればもっと出来ちゃうかもっ・・・・てぇところです。

共演の関氏、難波氏、岡田氏、そして演出・振付のサイトウ氏、楽しい時間をありがとうございました。
見に来てくれた皆様、大変ありがとうございました。
[PR]

by arrowdance | 2009-05-08 18:19

男肉 du Soleil 第7回本公演 

の大まかな個人的な勝手な感想。

同姓ながらごくたまに、端から見るとばかばかしいと思える事を汗水たらして必死でやってるのを見ると、男ってなんてばかで可愛いらしく、そしていとおしい存在なんだろうって思う事がある。

まさにこの公演の前半は、この事につきる。
でもそこには、どうしたら面白くなるかというせめぎあいや工夫などが根底に感じられるからである。

多分コンドルズの初期の頃と同質なものだと想像する。
であるから私は彼らに好感を持った。


後半
(ころっと趣を変えて少し真面目にお芝居)

ラップで謎解きするヒップホップ探偵という着眼点は面白いが、印象として中途半端なものに思えた。
(マイクのトラブルがあったが、その事とは関係ない)

そして長く感じた。いや実際長い。休憩はさんで2時間半。
よっぽど構成を創り込んで、演者に演出してないと、この長さはついていけない。

前半部分だけで終わったら、スカッと気持ち良く帰れたかなーとも思う。

とにかく色んな人から色んな事を言われるでしょうが、くじけず頑張って続けて欲しいと思う。

その先には、今ある可能性が花開く時が来るような予感を感じさせる何かがあるような気がする。
これからもヤレヤレッ!




その後「ダンスの時間」のリハーサルへ走る。

大変遅れまして皆さま、申し訳ござーませんでした。

本番 5月6日 14:00~、17:30~、 阿倍野ロクソドンタにて

時間がある方は是非!
(40分近く4人共出ずっぱりでおきばりしておりまーす)
[PR]

by arrowdance | 2009-05-04 20:29