駄スケの第一歩


なんとなくイイ加減 ダンスな日々を綴るんだ
by ArrowDance
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
7keto
from 7keto
bahamas
from bahamas
HVCC Apprais..
from HVCC Appraisal..
映画アンフェアthean..
from 篠原涼子 映画アンフェアth..
【ヤンキー】佐々木希エロ..
from 【画像】 佐々木希エロすぎ..
BALLAD 名もなき恋..
from 「BALLAD名もなき恋のう..
のび太としずかちゃんの混..
from これなんてリアルドラえもん!..
黒木メイサ!ついに全裸!..
from 黒木メイサ裸!ドラマジウ警視..
AKB48と同棲する!ボ..
from AKB48と同棲!ボイス部屋..
Yahoo!検索ランキン..
from Yahoo!検索ランキングの..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


アジアコンテンポラリーダンスフェス と お知らせ

ディックウォン氏との息詰る駆け引き、みなぎる闘志、相手を寄せ付けない威圧感、肉を切らして骨を断つ・・・・的な要素はほとんどなく、観た感じゆる〜い感じなのに当人にとっては無茶苦茶緊張感のある、私にとってはとても楽しい時間となりました。
初めてダンスの公演を観に来たお客さんも、楽しんで帰ってくれたようです。
ディックのコンセプチャルな仕事に敬意を表したいと思います。
ありがとうございました。

その前日に行われたラブソング、新しい試みとして2体の人形を使用させて頂きましたが、思った以上に効果がありラブな時間が流れた様でした。

ありがとうございました。


アローダンスフィールド・コンテンポラリービギナークラス
2月20、21、27、28のクラスはお休みします。
3月からは又月曜、火曜と定期のクラスを再開致します。
初めての方も是非ご参加下さい。
お待ちしております。

ヤザキタケシ
[PR]

by arrowdance | 2012-02-20 16:51

お知らせだ〜よ

まだリハーサル入ってないからどうなる事やらっ!
楽しみだぜい。

-------------------
KOBE-Asia Contemporary Dance Festival #2
2012年2月17日~25日
-------------------

DANCE BOXでは、2月17日より「KOBE-Asia Contemporary Dance Festival #2」を開催いたします。 アジアの身体表現の“いま”を紹介するフェスティバルとして、2001年より開始、今回で7回目を迎えます。

今回は、ダンスの文脈において、コンセプチュアルな作品を提示している作家を多く招聘し、関西のダンサーとの協働作業を通じたプロジェクトを実施いたします。また、同時に、持ち運びの不可能な、新長田というまちのもつ文脈と関わりあいながら、新長田発のフェスティバルを作っていきます。 新長田で踊る人、関西で踊る人、アジア地域から来日した踊る人が、幾重にも重ねながら、一つの場を生成していきます。 ぜひ、お立会い下さい!

【2月17日(金)19:30開始】 @ArtTheater dB神戸
Aプログラム(前夜祭): love songs in Kobe!!
フェスティバル出演者や地元・新長田、関西のダンサー達が、「必ず、ラブ・ソング」で踊ります。
出演:アジェン・ファティマ・スラエマン、今貂子、北村成美、神戸奄美会館藤田幸子舞踊教室、神戸ハッピー会、淡水、中西ちさと、パクウォン、南弓子、村上和司、ヤザキタケシ、山賀ざくろ、ロニータ・ムカルジー
http://www.db-dancebox.org/04_sc/1202_kacdf02_a/index.html 

【2月18日(土)、19日(日)】 @ArtTheater dB神戸
13:00開始
Bプログラム: 「新長田のダンス事情(仮称)」トーク&デモストレーションイベント
新長田で踊る人に会いにいく。 その踊りの会の歴史などをお伺いしながら、踊りをみる1時間。
◎18日:神戸奄美会館藤田幸子舞踊教室[奄美民謡、新舞踊]、創作エイサー 神子[エイサー]
◎19日:神戸ハッピー会[ヨサコイ]、金良恵[韓国舞踊]
http://www.db-dancebox.org/04_sc/1202_kacdf02_b/index.html 

15:00開始
Cプログラム: 山賀ざくろ+合唱団 / ディック・ウォン(香港)+ヤザキタケシ
<出会い>にまつわる“駆け引き”と“本音”の一本勝負!? なにが起こるかわからない! 
◎山賀ざくろさんのお相手は新長田の個性強烈な合唱団、日替わりです。
真陽丸山連合婦人会(18日)、ビッグ腹ダイス(19日)
◎ディック・ウォン+ヤザキタケシ「1+1@Kobe」
  コンセプト・出演:ディック 出演:ヤザキタケシ 
ディック・ウォン(香港在住)は、身一つで世界各地に赴き、現地のアーティストと協働することで作品を完成させるスタイルで、縦横無尽に各地を渡り歩いているアーティストです。
ディック・ウォンともう一人のパートナーが、出会い、そして二人で一つのダンスのフレーズを作るという一連のプロセスを作品化するダンス・ドキュメンタリー。初演は2007年バンコク、香港、東京、パリを経て、待望の神戸での上演です。東京公演では、捩子ぴじんさんがお相手でした。今回のお相手は、関西ダンスシーンのパイオニア:ヤザキタケシ。
ほぼ同世代の二人による、出会いにまつわる“本音”と“嘘”が駆け引きする!? この出会いは一度だけ。
http://www.db-dancebox.org/04_sc/1202_kacdf02_c/index.html 

19:00開始
Dプログラム: 川崎歩 / アジェン・ファティマ・スラエマン(ジャカルタ)/チョイ・カファイ(シンガポール)
新長田を拠点に1ヶ月から3ヶ月にわたって制作された3作品を同時上演!
◎川崎歩「ぶらウン之助」 映像・演出・振付・出演:川崎歩
◎アジェン・ファティマ・スラエマン「Baju Kini」 作・出演:アジェン 出演:Cana、岡村渉
◎チョイ・カファイ「Soft Machine」 作・出演:カファイ 出演:文、田中幸恵
 計20名にわたる関西の振付家や演出家にインタビューを行いながら、関西のダンス・シーンを再構築する試み。
http://www.db-dancebox.org/04_sc/1202_kacdf02_d/index.html 

【2月24日(金)、25日(土)19:00開始】 @ArtTheater dB神戸
Eプログラム: 黒沢美香 / マリオン・ドゥクルーズ
重ねていくこと。 踊ることを重ねていくこと。 ダンスへの問いとその応答を重ねていくこと。
日本とマレーシアの“ゴッドマザー”による夢の饗宴。
http://www.db-dancebox.org/04_sc/1202_kacdf02_e/index.html 

【2月25日(土)のみ】 @アスタくにづか1番館 1階
15:00開始
Fプログラム:手塚夏子さんのお話を聴く会/アジア・インタラクティブ・リサーチ
手塚夏子の作家活動を解剖する!? 彼女が現在アジア・日本各地で手がける「アジア・インタラクティブ・リサーチ」に至るまで、そして現在考えていること、未来にむけて考えていることをお伺いします。
http://www.db-dancebox.org/04_sc/1202_kacdf02_f/index.html 

16:30開始
Gプログラム:マーク・テさん(Five Arts Center)のお話を聴く会 
マーク・テの作家活動を解剖する!? Eプログラムで上演のマリオン・ドゥ・クルーズ「Gostan Forward」の演出を務めたマーク・テにお伺いします。
http://www.db-dancebox.org/04_sc/1202_kacdf02_i/index.html 

【2月17日(金)~25日(土) 12:00~18:40】 @アスタくにづか1番館 1階
展示プログラム: 新長田のダンス事情(仮称)/アジア・インタラクティブ・リサーチ/チョイ・カファイ「Soft Machine」
http://www.db-dancebox.org/04_sc/1202_kacdf02_g/index.html 

【料金】
◎Aプログラム:前売1,500円/当日1,800円
◎C/Dプログラム:前売2,000円/当日2,500円/学生・障がい者・シニア(60歳以上)1,800円
◎Eプログラム:前売2,500円/当日3,000円/学生・障がい者・シニア(60歳以上)2,300円
◎フェスティバル全プログラム通し券:7,000円
◎ほかプログラム:無料

【予約・お問合せ】
DANCE BOX/ArtTheater dB 神戸
TEL: 078-646-7044 FAX: 078-646-7045 info@db-dancebox.org
[PR]

by ArrowDance | 2012-02-12 00:22

ダンサーの力

あ〜ずーと観ていたい。

何割を占めているかとかは、何とも答えようがありませんが、確かにダンサーの力量如何んで作品が面白くなったり、良く観えたりする事はあります。

勿論作者の作品世界の構築がしっかりと出来ている事が前提となると思います。それと、その作品がコンセプト重視でなく、振付師がしっかりと振付けしてダンスを魅せるという作品であるというものに関してです。

昨日のアンサンブル・ゾネ公演のゲストの中村恩恵さんの存在感たら・・・素晴らしい!!
ほんと素晴らしい!隙なしぶれなし容赦なし!身体も存在感も飛び抜けていて、まるで西日本に紛れ込んで来たガリバーのよう。(例え悪くてすいません、でも咄嗟に浮かんできましてン)

顔の表情や言葉がなくても、身体だけでも全てを語れるのだと云う事を再確認出来た様な気が致します。
文楽の芸術性に近いものも踊りにはあるな〜という事も感じました。

とにかく動きで魅せたいな〜と思っている一人として、とても良いものを観せて頂いたと感じる公演でした。
ありがとうございました。


「ダンスの時間」「we dance」行けなくてほんとご免なさい。時間と場所の都合さえついてればあっ!
[PR]

by arrowdance | 2012-02-06 01:01

無駄ではないMUDA

クイック率いるMUDAの新作。

雪の舞い降りる極寒の夜、バイクを走らせ観に行って参りましたよ。

お〜!衝撃的なパンチをもろに喰らった様な・・・・。
ドキドキハラハラがいっぱいでした。

「おまえはそれでも本気で生きているのか〜!」
「おまえはそれで舞台に命かけているといえるのか〜!」

と胸ぐら掴まれて突きつけられている様な気がして、「あ〜んご免なさい!私はのりでやってしまってる事が多いにゃ〜!クイックごめんにゃ〜これからもっと頑張るう」って心の中で思わず答えてしまった自分がいた。

こんな事を思わすぐらい、根性入ってた舞台でしたよ。

土曜日まで皆のお身体が持ちます様に!!!

e0097449_0585070.jpg

[PR]

by arrowdance | 2012-02-03 00:59